nagisaは顔のシミに悩む女性の為の専門webサイトです。お肌に関わる仕事に従事する30代の女性複数名で運営しており、日々お肌の研究に勤しんでいます。

顔のシミにアロエ軟膏を塗ると消える?本当?嘘?

顔のシミにアロエ軟膏を塗ると消える?本当?嘘?

こんにちは、顔のシミ・そばかすに関する専門webサイト[nagisa]編集部です。

アロエ軟膏ってご存知でしょうか。
第3類医薬品として販売されている間宮のアロエ軟膏は、日本で唯一皮膚薬として認められているというアロエ軟膏です。

南アフリカ産のケープアロエというものを使用しています。
このアロエ軟膏が、シミを改善させてくれるという説があるのですが本当でしょうか。
詳しく調べてみました。

顔のシミにアロエ軟膏を塗ると消える?本当?嘘?

アロエの効果

アロエは、内服にも外用にも使える万能な植物として古くから親しまれてきました。
アロエの効果を調べてみると下記のようなものが挙げられています。

  • 収れん作用
  • 消炎作用
  • 血行促進作用
  • 発毛促進作用
  • 抗菌作用
  • 紫外線防止作用
  • 創傷治癒促進作用
  • 保湿作用
  • 紫外線防衛作用

この中で注目したいのは、紫外線防衛作用です。紫外線を浴びたお肌がメラニンを作らないように働きかけてくれます。
そして血行促進作用もあるアロエは、血行促進させることでお肌の代謝も良くしてくれます。これがシミのもとであるメラニンを肌にとどまらせないようにしてくれるのです。

しかしこれはアロエの効果であって、アロエ軟膏にそのような記載がされているわけではありません。

アロエ軟膏を使うと、傷ついた皮膚の細胞を活性化させて傷が早く治るように働きかけてくれるという事は分かっています。アロエ軟膏に記載されている効能・効果は、日々・あかぎれ・切り傷・しもやけ・打ち身・やけど・ぢとなっています。シミに効果があるという記載はありませんね。

アロエ以外に配合されてる成分として、オリーブ油やラノリン、ワセリンが配合されていますが、
これらもシミを消すような美白効果はない成分です。

オリーブ油は、多少の紫外線カット効果はありますが、シミを作らせないというものではありません。
ワセリンもラノリンもオリーブ油もどれも保湿成分として配合されています。しっかりお肌を保湿することでバリア機能を強化してくれることができるので、シミができにくいお肌にするという点ではアロエ軟膏が役立ってくれそうです。

シミを消すなら美白成分で

シミを消すと言われているアロエ軟膏では、シミを消すことができません。
シミが消える薬ではないので使い方を間違えないでくださいね。

シミを消すにはシミを消せる成分が配合されている化粧品取り入れる必要があります。
ではどんな成分がシミを消すのに役立ってくれるのでしょうか。

まずはビタミンC誘導体があります。
メラニンを抑制する働きがあります。毛穴を引き締めたり、肌に透明感も出してくれます。ニキビ予防にも
おすすめです。

続いてアルブチンがあります。ハイドロキノン誘導体とも呼ばれています。しみやそばかすを予防してくれる
美白成分です。新しいシミを作りたくない人、これ以上濃くしたくない人におすすめです。

そしてコウジ酸があります。こちらはお酒に含まれている成分です。独特の香りがしますが、
香りが気にならないように作られている化粧品も多いです。

続いてトラネキサム酸です。こちらは抗炎症作用もありニキビ跡の解消にも役立ってくれます。
肝斑がある人はこちらの成分がおすすめです。

続いてプラセンタです。プラセンタは、肌全体の生まれ変わりもサポートしてくれる成分です。
くすみなども解消されやすくなります。

最後にハイドロキノンがあります。ハイドロキノンは、刺激が強いので肌に赤みが出たりしやすいです。
敏感肌の人は注意して使いたい成分です。

このような成分が配合されている化粧品を選んで、シミ対策をしてくださいね。

シミができにくいお肌にするためには、しっかりと保湿することが大切です。乾燥していると紫外線による
シミができやすくなってしまいます。化粧品を選ぶ際には、保湿成分もしっかり配合されているものを選ぶよう
にしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です