nagisaは顔のシミを自宅治癒するための専門サイトです

顔のシミを作らず日焼けしたい!そのベストな方法とは?

顔のシミを作らず日焼けしたい!そのベストな方法とは?

こんにちは、顔のシミ・そばかすに関する専門webサイト[nagisa]編集部です。

美白する人が増えている中、健康的に見える小麦肌になりたいと思っている人も多いです。
小麦色の肌のほうが似合う人もいますし、小麦色の肌にも沢山の魅力があります。

健康的に見えますし、元気そうなイメージがありますね。そして細く見える効果もあります。
しかし小麦色の肌にしたいと思った時に気になるのがシミです。

きれいに肌を焼くことができれば良いですが、もしシミができたり焼ける部分に色むらがあったら嫌ですよね。
きれいな小麦肌になりたいけどどうしたら良いのか・・

そんなお悩みをお持ちになっている人に、どうすれば良いのかご紹介したいと思います。

顔のシミを作らず日焼けしたい!そのベストな方法とは?

シミにしないで肌を焼くには?

小麦肌になるためには紫外線をとにかく沢山浴びればよいと考える人がいるのですが、実はそれでは
きれいな小麦肌になることができません。

長時間紫外線を浴びる事で、お肌にダメージとなり小麦肌にならずに真っ赤に日焼けしてしまったり、皮がめくれてしまう、ひりひりしてしまうという肌トラブルを招いてしまう恐れもあります。

そして紫外線の影響でシミやそばかすも増えてしまう可能性があります。
1回できれいに焼く事は難しく、小麦肌になるためには時間と努力が必要です。

簡単に小麦肌になるのは難しいのですね。
紫外線を浴びる事は小麦肌になるためにしなければいけないのですが、上手に紫外線を浴びなければ先程挙げたようなトラブルに繋がってしまいます。

では、どうすれば良いのでしょうか。

まずは、肌がきれいに焼けるようにサポートしてくれるアイテム「サンオイル」を購入しましょう。
サンオイルを使うと、焼けムラも防ぐことができます。

サンオイルは、日焼けを防ぎながら肌を小麦色にできるアイテムです。
シミができるのを防ぎながら肌を小麦色にできるので、サンオイルは必ず使ってほしいくらいです。

そして、短時間紫外線を浴びます。まずは30分程度から始めてみましょう。
そして紫外線が降り注ぐのが一番多いとされている時間帯を避けるのもポイントです。
10時から14時は特に紫外線量が多いのでこの時間はおすすめできません。

夕方16時ごろなどは気温も少し下がっていて丁度良いです。紫外線量もピークではありませんが
ほどほどありますから十分焼くことができます。

30分でトラブルがなければ1時間くらいにのばしてみて肌を焼いていきましょう。

室内でも焼ける

外で焼かないと小麦肌にはなれないと思っていませんか。
日焼けサロンを利用すれば外で小麦肌にしようとするよりも効率よく日焼けできます。
ただし日焼けサロンに入る費用がかかります。外で焼くよりお金はかかってしまいますね。
しかしお肌のことを考えると外よりも日焼けサロンは安心です。
肌に負担がかかりにくいです。

日焼けした後のケアも丁寧に

日焼けした後のケアも適切に行う事が、シミを作らないで日焼けするために大切なポイントです。
しっかり保湿して冷やしてあげましょう。

保湿ローションやクリームなどを使いましょう。美白成分が配合されていればシミ対策になりますね。
炎症を抑えてくれる成分も配合されていると日焼けの肌トラブルを鎮静してくれます。

シミができないように小麦肌になる方法をご紹介しました。
小麦肌になりたい人は挑戦してみてくださいね。

また短期間だけでも小麦肌になってみたいという人は、ボディカラーリングという方法もあります。
1回行うと効果が3週間ほど持続するという方法で、専門のサロンで受けることができます。

シミやそばかすを作らず焼きたい人に人気の方法です。
他にも手軽に小麦肌になれるローションというものもあるみたいですね。

お値段が気になる人はリーズナブルに試せるこちらを使ってみても良いですね。