nagisaは顔のシミに悩む女性の為の専門webサイトです。お肌に関わる仕事に従事する30代の女性複数名で運営しており、日々お肌の研究に勤しんでいます。

顔のシミは老けて見える!実際どれくらい変わるのか。

顔のシミは老けて見える!実際どれくらい変わるのか。

こんにちは、顔のシミ・そばかすに関する専門webサイト[nagisa]編集部です。

顔のシミは老けて見える!実際どれくらい変わるのか。

顔のシミと見た目年齢の調査結果があった

顔にシミがあると実年齢より老けてみえてしまうと思いませんか。
でも実際どれくらい老けて見えてしまうのでしょうか。

上手にメイクしてシミを隠している人は、若く見られる場合もあります。
シミ以外にも深いシワがあればより老けて見えてしまうかもしれませんし、シミがあってもなぜか若く見える人もいるようです。

皆さんも年齢より若く見えたら嬉しいですよね。

シミがあるのと無いのでどれくらい見た目年齢に差が出てしまうのかを調べてみたところ、
第一三共ヘルスケアさんの実際にシミがある人と無い人での見た目年齢について調査された結果を見つけました。

この調査は、シミが無い女性の顔写真にシミを合成した画像を使って行われたようです。
シミが無い状態での見た目年齢は29歳となっていました。シミを合成した画像は、30代から40代の一般女性200名が実際に見て、どれくらいの年齢に見えるか回答したそうです。

シミには色々な種類がありますが、この調査ではそれぞれのシミで画像を用意していてシミの種類によってもプラスされる年齢が異なるという結果が出ているのがとても興味深いです。

まずそばかすの場合、見た目年齢はプラス2歳となりました。そして老人性色素斑はプラス5歳、肝斑はプラス6歳、肝斑と老人性色素斑の2つがあるとプラス8歳となっていました。

そばかすは小さいお子様でもできることがありますが、それでも見た目年齢が上がってしまう事に驚きますね。

ただしそばかすの場合は見た目年齢プラス2歳なので、そんなに大きな差は出ません。やはり老人性色素斑や肝斑となるとかなり年齢がプラスされてしまいます。

両方あるとプラス8歳というのは衝撃的ですね。何とかしたいと思うでしょう。
これはシミだけの場合の見た目年齢ですから、ここにシワやたるみなどもあるとより老けて見えてしまう事になります。

日頃のお肌のお手入れがとても大切な事が分かりますね。

この化粧品でシミをケアしよう

ではシミをケアするためにおすすめの化粧品をご紹介します。おすすめのシミ対策コスメは
資生堂のHAKUメラノフォーカスVです。徹底的にシミ対策ができるコスメとして人気が高い商品です。
今あるシミも未来のシミもしっかりケアできます。独自の成分を配合し、全方位からシミにアプローチしてくれます。

美白コスメですが、保湿成分もしっかりと配合し外部刺激に負けないお肌に整えてくれます。
乾燥していてごわごわしたお肌もこの美容液を使うことでお肌がしっとりとしてきます。

資生堂の美白コスメは年々バージョンアップしていて今一番進化しているものがHAKUメラノフォーカスVとなっています。過去に使って効果が実感できなかったという人も改めて使って違いを実感してみてください。

シミケアは体の外側と内側から行う事がとても大切です。化粧品にプラスしてサプリメントや医薬品も活用してみてくださいね。

肝斑なら飲み薬も

肝斑は改善できる飲み薬が販売されています。
8週間継続して飲むと肝斑が薄くなるという結果が出ていますので期待できますね。
第一三共ヘルスケアのトランシーノには、肝斑に効果があるとされているトラネキサム酸が配合されています。

肝斑治療に皮膚科で処方されるお薬と同じ成分となっています。肝斑の原因になるメラニンの発生を抑制してくれるので新しいシミを作らせないように働きかけてくれます。また今ある肝斑も薄くしてくれる効果が期待できます。

トラネキサム酸と一緒にお肌の代謝を高めてくれるL-システインや美白効果のあるビタミンCを配合し、より効果が出るように処方されています。

ドラッグストアで手軽に購入できますので、美白化粧品と合わせて使ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です