nagisaは顔のシミを自宅治癒するための専門サイトです

顔のシミは生まれつき遺伝?治らないの?調べてみた

顔のシミは生まれつき遺伝?治らないの?調べてみた

こんにちは、顔のシミ・そばかすに関する専門webサイト[nagisa]編集部です。

シミには、遺伝でできやすいものとそうでないものがあるようです。
遺伝でできてしまうシミは、早いと小学生くらいからできてしまう人もいます。
夏になると濃くなり目立ってしまうし嫌ですよね。
はたして対策はあるのでしょうか。

顔のシミは生まれつき遺伝?治らないの?調べてみた

遺伝でできやすいそばかす

そばかすはシミの1種に分類されます。そばかすは小学生でもできている子がいますよね。
そばかすはとても小さな茶色いシミが鼻の周辺から頬にかけて広がってできます。

美白化粧品などでケアしても薄くならないと言われていて、紫外線を浴びると
濃くなってしまいますので、日焼け止めなどで紫外線対策をする必要があります。

化粧品で薄くなりにくいと言われているものの、現在は美白化粧品も進化していますので、
根気よくお手入れすればそばかすが薄くなる可能性もゼロではありません。

特にハイドロキノン配合の化粧品はそばかすを薄くするのに役立ってくれます。
完全に無くしたい場合は、レーザー治療などがありますが広範囲の場合は費用もかかりますし、痛みも伴いますのでドクターと良く相談して治療したいですね。

体質が遺伝してできやすくなる

メラニンの生成が活発な遺伝子というのがあると言われています。
その遺伝子を持っているとシミができやすくなるという傾向にあるのですが、紫外線対策をしっかり行って美白ケア化粧品で丁寧にケアすればシミ対策はできます。

遺伝だからと諦める必要は無いのですね。

生活習慣でシミができやすくなる

生活習慣とシミは大きな関係があります。紫外線にあたるとメラニンが作られますので、
外で作業することが多い人、外でスポーツする人などは紫外線を浴びてしまいます。

日焼け止めをしっかり塗っていても汗で流れてしまったり、1日中効果が持続するものではありません。こまめに塗り直しできれば良いのですができない事もありますよね。

紫外線を浴びたとしても、お肌のターンオーバーが正常であれば、メラニンを蓄積させずに古くなった角質と剥がし落とすことができるのですが、ターンオーバーが乱れていてメラニンが蓄積されてしまうとシミとなって出てきてしまいます。

紫外線を浴びる事が多い人は、ターンオーバーを整えて美白ケア化粧品を使う事を
おすすめします。

それから睡眠不足もシミと関係があります。寝ている間に成長ホルモンが分泌されますが、この成長ホルモンが細胞を活性化させる働きがあるのです。細胞が活性化されると新しい皮膚が生まれやすくなります。肌の再生力もアップしますので、シミができにくくなるのです。きれいなお肌のためにも睡眠時間を確保したいですね。

そして食生活もシミのできやすさに関係します。シミができにくい栄養素が摂取できる食べ物を積極的に取り入れる事で、シミができにくいお肌になります。

ビタミンC、ビタミンE、βカロテン、ビタミンA、ポリフェノールなどをしっかり摂取していくように心がけてください。

お手入れのし過ぎはダメ

お肌のターンオーバーを整えようとピーリングを何度もしたり、ゴマージュ洗顔を使用したりする人がいますが、過度なお手入れは反対にシミを作りやすくしてしまいます。

また洗顔の際に、強く肌をこするなども刺激となりシミにしてしまう可能性がありますので注意しましょう。お肌に優しい洗顔料で丁寧に汚れを落として、しっかりと保湿して乾燥しないお肌にしてください。そうすることでシミのできにくい潤ったお肌になります。

お肌のターンオーバーの乱れによる黒ずみや角栓が気になる人は、美容皮膚科などで相談してみると良いでしょう。
シミは年齢とともにどうしても気になってしまいますが、丁寧なケアで予防したいですね。