nagisaは顔のシミに悩む女性の為の専門webサイトです。お肌に関わる仕事に従事する30代の女性複数名で運営しており、日々お肌の研究に勤しんでいます。

顔のシミは完全に消える?レーザーしかないの?

顔のシミは完全に消える?レーザーしかないの?

こんにちは、顔のシミ・そばかすに関する専門webサイト[nagisa]編集部です。

30代以降皆さんお肌の悩みでシミについてあげられる人が増えています。
もちろんシミ以外のお肌の悩みもあると思いますが、シミがあるお肌と無いお肌だと無いお肌のほうが若く見えますよね。

早い人は20代からシミに悩まれることもあると言われています。
シミは、美容医療でなければ消すことはできないのでしょうか。

美白化粧品でも消せるのでしょうか。
調べてみました。

顔のシミは完全に消える?レーザーしかないの?

化粧品で消せるシミもある

昔はレーザーでなければシミを取ることはできないと思われていましたが、現在は美白化粧品も進化していてシミの種類によっては美白化粧品でもシミを薄くすることができると言われています。

美白化粧品では、昔からあるシミを消すことは難しいのですが、比較的新しいシミ、これからできるかもしれないシミ予備軍を消すことはできます。
消えるかどうかは、美白化粧品を半年程度使ってみると分かります。半年以上使って効果が感じられない場合は、他の美白化粧品を試してみるかレーザー治療を検討されてみてください。

美白化粧品で消せないシミとして、厚みがある老人性色素斑があります。これを消したい場合はレーザーのみが有効とされています。レーザーを使用しなくても、ピーリングや外用剤で薄くできる可能性もありますが、自宅のケアでは消すことが難しいシミとなっています。

ご自身のシミの状態がどんなものか分からないという人は、美容皮膚科の先生に相談されてみると良いでしょう。

レーザー治療が向かないシミもある

レーザー治療が向かないシミもあります。そのシミは肝斑と呼ばれるものです。
肝斑にレーザーを照射してしまうと濃くなってしまいますので注意が必要です。

美容皮膚科の先生に診てもらえば肝斑かどうかも分かりますので、シミを消したい人は相談してみてください。
レーザー治療ができない肝斑は、主に内服薬で治療を行います。

必要な場合は外用剤も併用していきます。1ヶ月から2ヶ月を目安に内服薬の効果が出てきます。
市販されている肝斑治療薬を飲んでも良いですが、症状をしっかり診てもらうために美容皮膚科で処方してもらうのがおすすめです。

レーザー以外でシミを薄くしたい

レーザーは痛みを伴いますので、苦手とか怖いと感じてしまう人もいます。
シミ治療でレーザー以外の方法はあるのでしょうか。

痛みを伴わない光によるシミ治療が注目されています。
フォトRFという治療法で、光のエネルギーでお肌の再生能力を高めてターンオーバーを正常にしてくれる治療方法になります。シミだけでなく肌全体の若返りに効果があるとされています。

シミを取る治療の場合は、1回でシミが取れることも多いのですが、光による治療は1回では完全にシミが無くなりません。
数回受けてだんだんとシミが薄くなっていき、消えていきます。

回数はかかりますが、お肌に負担のかかりにくいシミ治療となっています。
同じ光治療で、ライムライトと呼ばれるものもあります。

この治療器は、日本人向けに開発されているマシンなのでより効果的にシミ治療ができます。
フォトRFと比較して治療費がかかりますが、色白の人も効果が分かりやすい機械です。

こちらもシミだけでなく赤ら顔やキメの改善にも効果を発揮してくれます。

シミ治療中は日焼け対策をしっかりと

シミ治療中は、紫外線の影響をさらに受けやすい状態となっています。特にシミ治療を受けて1週間は要注意です。毎日日焼け止めをしっかりと塗るようにしましょう。

またお肌が乾燥しやすくなりますので、しっかりと保湿するようにしてください。
新しいシミを作らないためにも、今あるシミを消すためにもしっかり紫外線対策をしましょう。

合わせて美白化粧品も使えばより効果的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です