nagisaは顔のシミに悩む女性の為の専門webサイトです。お肌に関わる仕事に従事する30代の女性複数名で運営しており、日々お肌の研究に勤しんでいます。

顔のシミに軟膏は効く?効果・効能まとめ!

顔のシミに軟膏は効く?効果・効能まとめ!

こんにちは、顔のシミ・そばかすに関する専門webサイト[nagisa]編集部です。

顔のシミに軟膏は効く?効果・効能まとめ!

これで顔のシミが無くなる?レチノイン酸軟膏

顔のシミ、年齢とともに気になるので何とかしたくなりますよね。
シミを取ろうと思った場合、レーザー治療でなければ取れないと言われていますが、レーザーを使わなくてもレチノイン酸軟膏を使って目立たなくさせる事は可能とされています。

レーザー治療は怖い・・という人はレチノイン酸軟膏でシミ治療をしてみてはいかがでしょうか。
レーザーを使って取るほどのシミでもないという場合も、レチノイン酸軟膏を選択すると良いでしょう。
レチノイン酸軟膏は、皮膚科や美容皮膚科で処方してもらう事が可能です。

医師の指示に従って使用するようにしてください。
レチノイン酸軟膏は刺激のある軟膏なので、シミに塗った事で赤みやひりひり、かさつき、かゆみなどがあらわれる場合もあります。これらの症状は継続して使うとおさまっていきます。

そして1ヶ月くらいすると赤みが引いてきて、シミも薄くなるとされています。
シミが目立たなくなってきたら、レチノイン酸軟膏は使用せず美白化粧品などでお手入れをしていきます。

ハイドロキノン軟膏を使う場合もあります。

レチノイン酸軟膏は、100%シミを取り除く事は出来ないのですが、目立たなくさせることはできますし、
シミの大きさを小さくしていく事もできます。レーザー程の効果は見込めなくても、ある程度シミへの効果は実感できるのでレチノイン酸軟膏でシミ治療をしている人も多いです。

レチノイン酸軟膏は、ニキビ対策にも使うことができます。
ピーリング効果のある軟膏なので、お肌のターンオーバーが促進させてニキビが治りやすくなります。

また毛穴も詰まりにくくなりますので、毛穴も綺麗になります。お肌の張りや弾力を高めたり、艶も与えてくれるというように嬉しい効果が期待できるのがレチノイン酸軟膏です。

ただし副作用もある軟膏なので、途中で使うのが嫌だと感じてしまう人も多いです。
お肌が真っ赤になったり、皮がめくれたり、一時的なニキビの悪化などがあるとされています。

治療中とはいえ、お肌に赤みが出てしまったり皮がめくれたようになってしまうのは嫌ですね。
どうしても副作用が気になる場合は、お医者様に相談してどのように使っていくか決めてください。

お肌の老化の原因について

お肌にシミができてしまうのは、お肌の老化と関係しています。お肌を老化させる原因は、加齢によるものは20%程度とされていて、残りの80%は紫外線など光が関係しています。これは驚きですね。

年齢だけで肌にシミやシワができるのではないのです。

そのためしっかり紫外線対策をすることで、お肌の老化を食い止めることに繋がります。
レチノイン酸軟膏を使ってシミをきれいにするのも良いですが、シミにならないような生活をしていく事も心掛けてみると良いでしょう。

レチノイン酸軟膏は市販されている?

レチノイン酸軟膏は皮膚科や美容皮膚科で処方してもらうのが良いですが、濃度が薄いものであれば市販でもクリームや美容液にレチノイン酸を配合している商品は販売されています。即効性はありませんが継続して使ってみると効果を実感できるかもしれません。

おすすめのクリームは、トゥベールのレチノイン酸誘導体&レチノール誘導体をナノカプセル化して配合しているアクアナノライズジェルIIです。

2種類のレチノールがしっかりと働いてシミやニキビ跡、毛穴などのお悩みにアプローチしてくれます。他にもブラブリジンというハイドロキノンよりも美白効果の高い成分や油溶性ビタミンC誘導体などを配合していてしっかりと肌に透明感を与えてくれる美容液となっています。

まずはお肌に合うか試してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です