nagisaは顔のシミを自宅治癒するための専門サイトです

試して!顔のシミにはにんじんが効く!どう調理したらいい?

試して!顔のシミにはにんじんが効く!どう調理したらいい?

こんにちは、顔のシミ・そばかすに関する専門webサイト[nagisa]編集部です。

皆さんは好きな野菜はありますか?
野菜には様々な栄養素が含まれています。1日350g摂取することが推奨されていますね。
緑黄色野菜は120g以上、淡色野菜は230g以上とされています。

毎日しっかり食べたい野菜ですが、できれば野菜のパワーをしっかりと実感できる調理方法で栄養素を摂取したいものです。
今回は、にんじんについて調べてみました。

試して!顔のシミにはにんじんが効く!どう調理したらいい?

にんじんに含まれる栄養素とは?

にんじんには、非常の多くのベータカロテンが含まれています。
ベータカロテンは、体内でビタミンAとなり、髪を元気にしたり、皮膚の健康維持をサポートしたり、視力にも
関係しています。さらにカリウムや食物繊維も含んでいます。
カリウムはむくみ解消に、食物繊維は便秘解消に役立ってくれる成分です。
これらの成分の中でも特に注目したいのがベータカロテンです。
このベータカロテンが、シミ予防にも良いとされているからです。
抗酸化作用もあるにんじんは、紫外線で受けたお肌のダメージの回復にも役立ってくれます。
にんじんでシミ予防、どのように食べると良いのでしょうか。

にんじんでシミ対策

にんじんでシミ対策をしたい場合、1日の摂取目安量は1/3本です。毎日継続して食べる必要があります。
生のにんじんではなく加熱したにんじんを食べるのがおすすめです。
加熱すれば甘さも増しますし、より食べやすくなります。
にんじんの調理方法は、炒める・煮る・蒸すなどを選びましょう。
できれば作り立てのにんじんメニューを食べたほうが栄養素はしっかり摂取できます。
ベータカロテンの吸収率を高めるためにおすすめしたいのが、油との調理です。
ベータカロテンの吸収率を高めてくれますし、油を使うことで満腹感も得やすくなります。
にんじんは加熱すると甘みが増しますので、しっかり加熱して甘いにんじん料理にすればお子様も食べやすくなりますね。

おすすめのにんじんレシピ

ではシミ対策におすすめのにんじんレシピをご紹介します。

にんじんしりしり

にんじんを油で炒めて作るにんじんしりしりは、にんじんの甘さが増して、油でカロテンの吸収率をアップさせることができてとても美味しい1品です。たまごが入っていて、たんぱく質もしっかりと摂取できます。
お弁当にもおすすめです。
https://oceans-nadia.com/user/28/recipe/113073

にんじんの天ぷら

細切りしたにんじんをカラリと揚げた天ぷらは、ご飯だけでなく麺類などにも良く合う1品です。
ゴマ油入りの衣がとてもいい味を出してくれます。
野菜が苦手なお子様にもおすすめの天ぷらですよ。
https://cookpad.com/recipe/1697047

にんじんとさつま芋のグラッセ

甘いにんじんとほくほくのサツマイモをグラッセにすれば、付け合わせで活躍してくれますね。
はちみつで味付けしていて優しい甘さになっています。バターをプラスしてさらにコクを出してみても良いですね。
https://cookpad.com/recipe/5242573

キャロットケーキ

スイーツでもにんじんをたっぷり使ってみてください。にんじんのクセを消してくれる美味しいケーキです。

ふんわりしっとりしたケーキは、パクパクと食べてしまいそうですね。
油も使われているので、カロテンの吸収率もあげてくれます。
https://cookpad.com/recipe/5258675

にんじんポタージュ

にんじんの甘さがしっかりと感じられるポタージュスープは、朝食にもおすすめです。
まろやかな味をお楽しみください。
https://cookpad.com/recipe/5255346

れんこんと人参♫簡単味噌きんぴら

しゃきしゃきの食感が楽しめる美味しいきんぴらです。お弁当のおかずにもぴったりです。
みそ味のきんぴらでご飯もより進みます。
https://cookpad.com/recipe/5254463

ピーマンとにんじんのきんぴら

ピーマンとにんじんで色鮮やかなきんぴらです。
緑黄色野菜がたっぷりとれますね。
https://cookpad.com/recipe/5252338

以上、シミ対策におすすめのにんじんの効果とにんじんのレシピについてご紹介しました。ぜひお試しくださいね。